top of page

出展作家

ENVEVEN

日常の出来事をこねくりまわして形にした。

imoto2022.jpg

井本 英樹   

Imoto Hideki

<仲多度郡まんのう町生まれ。大阪芸術大学卒業>

近年の活動   

2013 児島BLUE [せとうち児島ホテル、鷲羽山レストハウス]

   かがわ・山なみ芸術祭2013 [塩入温泉ロッジ、他]

個展 [丸亀市猪熊弦一郎現代美術館]

2014 徳島彫刻集団野外彫刻展[徳島市中央公園]

   ものづくり芸術祭&ZIKKEN[モノハウス]

2015 個展 [秋寅の館ギャラリー] 毎年

   徳島彫刻集団野外彫刻展[徳島市中央公園]~2019

2016 モンカーダ国際芸術祭 [児島・旧野崎家住宅、別邸たい暇堂、他]

   LANDSCAPE徳島彫刻集団と香川との交流[高松市塩江美術館]

   かがわ・山なみ芸術祭2016 [高松市、まんのう町他]

2017 個展[高松市塩江美術館]
   a→g展 [善通寺五岳の里 市民集いの丘公園]

   個展[うみかギャラリー]

2018 山の小さな展覧会[まんのう町、旧琴南中学校」
   Art Summit on the 御山[東かがわ市、白鳥神社の松原]

   かがわ・山なみ芸術祭2018 [綾川町・田万ダム]

   個展[うみかギャラリー]

2019 shionoe&manno塩江町エリア実行委員会代表

   [モモの広場、国営讃岐まんのう公園]

2020 活動休止

2021 個展 [坂出市立病院 院内ギャラリー]

         a→g展 [善通寺五岳の里 市民集いの丘公園]

   個展 [ギャラリーフケ(フケプロダクト内)]

   個展[秋寅の館ギャラリー]

   坂出アート市場[信金ギャラリー]

滴ルⅥ

「場」と「場の記憶」をテーマにした「滴ル」シリーズを展開する。今回は、校舎を窓ガラス一枚隔てて山々や空をつないだ場の記憶について想像してみた。校舎の風景は刻々と変わる風景を記憶し、刻々と変わる風景は校舎の風景を記憶する。その場に人が立つことで、(制作者並びに鑑賞者が関わることで)場の記憶が上書きされる。

大西顔.jpg

大西よしみ

Yoshimi Onishi

1958年     香川県坂出市生まれ

1981年     多摩美術大学油画科卒業

1976年~  個展・二人展・グループ展〔香川・東京・ロンドン〕

2007年~  ものづくり芸術祭&ZIKKEN 毎年出品。[モノハウス]

2012年   monohouse2012展 [東京本駒込、ギャラリーArtizen]、素の美展&アート・トレッキング[高  

       松天満屋]

2012~'18年 秋寅の館チャリティー展 [秋寅の館ギャラリー]、かがわ・山なみ芸術祭参加(塩江・まんのう・ 

       五郷・財田)、個展[ギャラリーうみか]

蔵本.jpg

藏本 秀彦

Hidehiko Kuramoto

 

筑波大学大学院芸術研究科修了。

学生の頃より和歌山版画ビエンナーレ、西武版画大賞展、クラコフ国際版画トリエンナーレ、ブダペスト国際展など版画領域で独自な手法が注目される。その後「毎日現代展」に連続出品。

 

「安井賞展」「VOCA」「ACRYLAWARD」「FACE」「ARTOLYMPIA」や「CROSSPOINT」(香川県立ミュージアム)「高松市美術館コレクション+木村忠太とこぼれる光の中で」(高松市美術館)「国讃めと屍」(瀬戸内海歴史民俗資料館)などに出品。

 

県内ではKinco.hostel+café、あーとらんどギャラリーなどで個展開催。その他、蝉丸(山海塾)、梅津和時(sax)、岩下徹(ダンス)、高橋芙美(渋さ知らズ)、usaginingen(artist)などコラボレーションも多い。

「狭岑の島」Island of Samine

weblio辞書によると「みなもと」とは、
川など水流の発するもと。水源。更に広く、物事の起源(となったもの)。だそうである。今回、ことなみ未来館にGalleryアートエコーが新たに開設され、杮落しとして光栄にも展示できる運びとなった。
昨年、「国讃めと屍」香川県歴史民俗資料館、「沖つ波 来よる荒磯を 敷たへの枕と枕きて寝せる君かも」kinco.「未景展 きれいな水になるように」京都御寺泉涌寺で柿本人麻呂の反歌を起点とした展覧会を3度企画展示した。遠い飛鳥時代の話であるが、どこかこのコロナ禍における私たちの世界に重なるように感じる。
創作のみなもとは坂出沙弥島でのほんの小さなリサーチから始まった。今回はより直接的なイメージを絵画とインスタレーションで展開したいと考えている。

古山コスミ.jpg

古山コスミ

Kosumi Koyama

 

写真家。

毎年1カ月間海外に滞在し,写真を撮ることをライフワークにしている。 

個展では,テーマに合わせた写真と立体作品,音楽を組み合わせた展示を展開している。 これまでに,国内では岡山県,島根県,兵庫県,大阪府,長野県,神奈川県,東京都で個展やグループ展を開催。またフランスやドイツ,中国でのアートフェアに出展し,2013年には日仏現代国際美術選抜展で新作家賞,2014年には同展にて品川区長賞を受賞。2015年から2019年4月まで,サロン・ブラン美術協会委員。 

これまで,「ギャラリー現」(東京都中央区),「吹屋ベンガラート」(高梁市),「ギャラリー倉敷」(倉敷市),「ギャラリー栂」(岡山県和気町),「廣榮堂本店」(岡山市),「ホテルリマーニ」(瀬戸内市),「ATELIER K」(横浜市),「自在空間 Art Step」(神戸市),「city gallery 2320」(神戸市),「アートスペースかおる」(神戸市)等にて企画個展を開催。 

記憶の存在

甦る息づかいの存在