top of page

第3回山の小さな展覧会

魂とヒトガタ・みらい

人は精神と肉体を持っています。どちらが欠けても人としての存在は、あり得ないでしょう。今回、近代以降、アーティストがもっとも重要なテーマとしてきた人間の存在について参加アーティストがそれぞれの切り口で問い直すきっかけとなることを願いテーマを「魂とヒトガタ・みらい」と設定いたしました。

 近代社会は、中世から続いた宗教観や封建的な支配の枠を超え人間一人ひとり、「個人」が尊重される社会を目指し確立されてきました。その中で人文科学者、自然科学者たちは、「生命」とは、それを取り巻く「宇宙」とは何か?研究を深化させました。そうした中で画家や彫刻家達は「人間」あるいは、「人間存在」の問題を自らに問いかけ、その謎に対する自らの考えを、表現の深層に潜ませ鑑賞者に鋭く問いかけてきました。それは、後期印象派の画家ゴーギャンの最高傑作と言われる作品の題名「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」によく表れています。こうした表現者達は、「アーティスト・芸術家」と呼ばれ人々から敬意を受けてきました。さらに、今から約百年前、ヨーロッパ全土で起きた第一次世界大戦、同時に発生したスペイン風邪のパンデミックが世界を襲う中、スイスの詩人トリスタン・ツァラ(Tristan Tzara、1896年4月16日 - 1963年12月25日)が「ダダイズム宣言」を世界に向けて発しました。「ダダイズム(アンチアート・反芸術)」の波は、世界を駆け巡り芸術の表現領域は、あらゆる角度に拡散し広がり、多様性と同時代性を求め現代美術が誕生しました。21世紀を迎えた現在、世界は再びり利権にまつわる地域紛争が各地で勃発、新型コロナウイルスによるパンデミックと重大な問題と対峙しています。

 今回の展覧会のテーマ「魂とヒトガタ・みらい」は、「魂=精神」「ヒトガタ=人体」というキーワードを通して人間存在の問題に迫り、みらい<未来>へと開かれた窓となることを願い設定しました。

□ 会期:2021年3月19日(金)〜3月28日(日)

□時間:10:00~17:00

□会場:ことなみ未来館<旧琴南中学校>、中通集落

〒766-0202 香川県仲多度郡まんのう町中通838

□入場料:大人=300円 高校・中・小学生=100円<65歳以上、小学生未満無料>

□主催:旧琴南中学校利活用連絡会文化活動部会

□共催:まんのう町 一般社団法人ことなミライ

□後援:まんのう町教育委員会

□助成:公益財団法人 置県百年記念香川県文化芸術振興財団

□企画協力:香川大学教育学部 谷川研究室

-参加アーティストー

「二羽の鳥のための音/沈黙」

5本の糸を自動で振動させる装置を制作した。
糸には等間隔に羽と鈴を取り付けている。
祈ることをつづけるために。
あなたのことをわすれぬために。

大栩.jpg

大栩直也 Naoya Ohdochi
大阪府在住

略歴 1995年 大阪府生まれ 2020年 金沢美術工芸大学 美術科 彫刻専攻 卒業

活動

2018年 11月 「東海さるく 2018」宮崎県 延岡市アーティ スト イン レジデンス

2018年 11月 「東海さるく 2018 滞在作家展」 2019年 3月 北陸朝日放送にて、特集番組放送 北陸朝日放送 YouTubeチャンネルにて、映像作品 2 月点 を無期限掲載。

2019年 6月 「使役」パフォーマンスイベント(金沢美術 工芸大学 エントランス)

2019年 7月 新潟市芸術創造村・国際青少年センター ゆ いぽーと アーティスト・イン・レジデンス「自主活動プ ログラム2019夏季」滞在アーティスト

2019年 8月 AIR 企画「Artist in Share House」 (SHARE HOUSE 180°金沢 )

2019年 9月 彫刻祭2019 AIR企画 滞在作家展「装束」 (SHARE HOUSE 180°金沢) 2019年 10月 「KANABI Ver3.0」(PCゲーム Minecraft 内)

2019年 11月 「MAGフェス2019」招待作家(富山市 グラ ンドプラザ)

2019年 12月 「しょうひん展」(不二 HUNI) 

2020年 3月 「卒展セレクション2020」招待作家(金沢 アートグミ )

2020年12月 個展 「First-person view」360°LIVE@旧財 田上小学校校舎

大西顔.jpg

​大西よしみ Yoshimi Onishi
​香川県在住

1958年 香川県坂出市生まれ

198年 多摩美術大学油画科卒業

1976年~ 個展・二人展・グループ展〔香川・東京・ロンドン〕

2007年~ ものづくり芸術祭&ZIKKEN 毎年出品。[モノハウス]

2012年  monohouse2012展 [東京本駒込、ギャラリーArtizen]、素の美展&アート・トレッキング[高松天満屋]

2012~'18年 秋寅の館チャリティー展 [秋寅の館ギャラリー]、かがわ・山なみ芸術祭参加(塩江・まんのう・五郷・財田)、個展[ギャラリーうみか]

 

タイトル「滴ルⅤ」

「場」には磁場があり、そして「場」が記憶を宿す・・。そこに立つ人の想像力が場の記憶を呼び起こす。「場の記憶」と「場の未来」。その場に人が立つことで、(制作者並びに鑑賞者が関わることで)場の記憶が上書きされる。過去と未来をつなぐのは、現在そこにあるあなたの存在。

kawasimaPrf.jpg

川島慶樹 Keiju Kawashima
​​大阪府在住

1962年大阪に生まれる  ’84年 大阪芸術大学美術学科彫塑卒業  

[個展]

2019年  Clysa(Spain)

2018年 アートコートギャラリー(大阪)  

2015,17年 始弘画廊(東京)

2014,16年 Gallery idm (釜山、韓国)  

2010,11,16年 gallery morning(京都)

2001,02,06,08,10,16年 ギャラリ− エスプリ ヌ−ボ−(岡山)  

[グループ展]

2019 IL BRUCO E LA FARFALLA 幼虫と蝶 トレント/ イタリア

2018年 石の彫刻シンポジウム「水の石」(Italy) 「ニューウェーヴ 現代美術の80年代」(国立国際美術館)

2016年 カサブランカビエンナーレ (Morocco)  

[野外彫刻]

2020年 ANAインターコンチネンタル石垣リゾート エントランス(石垣島)

2003年 EL PALAU FALGUERA エントランス(Spain)  [屋内彫刻]

2020年 島津製作所 基盤技術研究所(けいはんな)中庭(京都)

2016年 グランドプリンスホテル新高輪 エントランス(東京 ) 他多数

「Twiggy Project 2021, 1/10 model  」

 H3500mm  10pieces ,  stainless steel , glass

Twiggyはタイトルの通り小枝がモチーフになっています、LEDの光を灯すソリッドガラスの蕾をつけた小枝を模した
大型の彫刻を複数本配置することで幻想的な風景を演出することを目的にしています。
今回はこれに加え、この枝でざっくりと作られた猟具のような形状を持った作品が追加されています
ヒトガタがテーマの今展のために、そっと何かを捕まえようとするときの左手の形を模して製作されています。

 

工藤政秀ポートレート.jpg

工藤政秀 Masahide Kudo
​神奈川県在住

主なグループ・シンポジウム等(最近からのみセレクト)

2019年 IL BRUCO E LA FARFALLA 幼虫と蝶 トレント/ イタリア

2018年 高雄国際鉄鋼彫刻フェスティバル 高雄/台湾、1+1=∞ バルガ/イタリア、石の彫刻シンポジウム「水の石」ヴィラアニェード/イタリア ヨーロッパのアーテイストからのメッセージ ヴィラカルチーナ/イタリア

2017年 創造性を求めての旅 台湾+日本 台中/台湾

2016年 第3回カサブランカビエンナーレ カサブランカ/モロッコ、第2回かがわ・山なみ芸術祭(~2020) まんのう町、綾川町他/香川

台南現象5カ国による演繹的推論、台南/台湾  

2015年  旅する精神4th ・ジャカルタ/インドネシア、アートで田んぼ(~2019)・三豊/香川、チャンウンアートフェアー(~2019) チャウン/韓国

個展 国内国外含め多数開催

  • Facebook

「森に棲む」 

建物の時間と記憶。私の生の時間と記憶。建物と作品との対話が始まり、この空間に濃密な時間と新たな記憶が刻まれることを願っている。